【台本】一人芝居:魔女と怖れられた女は、ハロウィンくらいは子供達と戯れたい

台本について

女:魔女と言われているが、見た目が怖いただの人間。

台本

役名 番号 台詞
01_w01 「老け顔で、つり目、髪はひどいくせっ毛。この見た目のせいで、街の子供たちからは魔女と怖がられてきた」
02_w02 「でも今日は、そう、ハロウィンというこの日だけは、魔女だからこそ子供達と遊べるはず!」
03_w03 「今日のために準備した魔女っぽい服よし、カボチャのランタンよし、朝5時に起きて作ったお菓子よし」
04_w04 「さあ、どこからどう見てもお菓子を持った魔女よ。この格好で外を歩けば、子供達が寄ってきてくれるに違いないわ。こんなイベントを毎年やってるなんて、もっと早く気がつけばよかった」
05_w05 「楽しみだなあ、子供達のトリックオアトリート。かんわいいんだろうなあ」
06_w06 「いざ、しゅっぱーつ。やっぱり子供達が来るのは広場かな?あ、他にも仮装してお菓子を持ってる大人がちらほらいる」
07_w07 「あっ子供が2人来た!さあおいで子供達ー!……あ、あれ?素通り?ああ、あのミイラ男さんの方に先に行きたかったのかな?そうよね、あの大量の包帯は気になるわよね。でも次は私のところに……来ない」
08_w08 「そ、そうだ、こっちから話しかけてみよう。深呼吸深呼吸……こ、こんにちわぁ」
09_w09 「あっ!逃げないで!本物の魔女じゃないから食べたりしないよ!」
10_w10 「どうしてだろう……そんなに怖かったのかな。そこの噴水で確認してみよう。うん、怖いなこれは」
11_w11 「そ、そうだ、笑顔よ。笑顔で話しかけてみよう。ちょうどまた子供が来たし。こ、こんにちは」
12_w12 「泣きながら逃げられた!そんなに怖い!?」
13_w13 「また噴水で確認してみよう。笑顔笑顔っと……うん、怖いなこれは。どう見ても子供を捕まえて食べそうな、魔女の邪悪な笑みだな」
14_w14 「か、顔が怖いなら、顔をこのカボチャで隠せばいいのでは?私ってばあったまいー!」
15_w15 「カボチャかぼちゃ、私はカボチャ。やあこんにちは、お坊ちゃんたち。お菓子はいらないかい?」
16_w16 「や、やったー!朝から丹精込めて作ったお菓子を受け取って貰えたー!でもカボチャが邪魔で子供達の顔が全く見えないわね。チラッと、チラッと見るだけ……あっ逃げないで」
17_w17 「行っちゃった……」
18_w18 「そ、そんな。ハロウィンの日ですら子供と話せないなんて」
19_w19 「え?子供が怖がるからもう帰って欲しい?そ、そんなあ。は、はい、帰ります……」
20_w20 「はあ……半年前からずっと楽しみにしてたのになあ。お菓子もこんなに作ったのになあ」
21_w21 「あ、子供が3人、手を繋いで歩いてくる。兄妹かなあ、可愛いなあ。でも話しかけたらまた怖がられるんだろうな」
22_w22 「って、目が合っただけで逃げられた!?あっひとり転んだ」
23_w23 「どうしよう、私が話しかけたらまた怖がらせるかな」
24_w24 「ええい、見て見ぬふりをするよりずっとまし!……お嬢ちゃん、大丈夫?立てる?そう、良かった」
25_w25 「あら、あなた、目が見えないの。だから手を繋いで歩いてたんだね。ん?お姉ちゃんは……、魔女だよ。うん、お菓子は持ってる」
26_w26 「えっ……うん、お菓子、あげる。このカゴの中、全部あげちゃう!だから、今の、トリックオアトリートってもう1回言ってくれる?」
27_w27 「ありがとう、イタズラは嫌だから、お菓子をあげるね。ううん、違うよ。大丈夫だよ。泣いてないよ。ちょっと、いやすっごく、嬉しかっただけだよ」
【※下記は省略可能、アレンジも自由】
28_w28 「キャスト」
29_w29 「魔女みたいな女、(※お名前をどうぞ)」
30_w30 「台本提供、気ままに綴る」
31_w31 「制作、(※サークル名、サイト名、個人名など、ご自由にどうぞ)」

他の台本も読む

利用者様リンク

リンク集

募集中

タイトルとURLをコピーしました