【台本】双子の巫女が勇者を語る

台本について

登場人物

巫女A:女神の巫女。少女。

巫女B:女神の巫女。少年でも少女でも。

台本

台本

役名 番号 台詞
巫女A 01_A01 「ねえ、気がついた?」
巫女B 02_B01 「うん、気がついた」
巫女A 03_A02 「また一人の勇者が落ち」
巫女B 04_B02 「また一人の勇者が召喚された」
巫女A 05_A03 「次の勇者はどんな方かしら」
巫女B 06_B03 「次の勇者は魔王を倒せるのかな」
巫女A 07_A04 「前の勇者は3ヶ月だったわね。確か、初級のダンジョンを攻略できずに死んだわ」
巫女B 08_B04 「その前は半年だったかな。魔王の配下に殺されたんだよね」
巫女A 09_A05 「あら、違うわよ。召喚されたその日にスライムにやられて死んだ勇者がいたわ」
巫女B 10_B05 「そうだっけ?今回の勇者は、僕達の所までたどり着いてくれるといいんだけど」
巫女A 11_A06 「先代の巫女は待てど暮らせど勇者には会えなかった」
巫女B 12_B06 「今代の僕達は勇者には会えるのか」
巫女A 13_A07 「全ては女神の加護次第」
巫女B 14_B07 「全ては女神の導き次第」
巫女A 15_A08 「……って、本当に思ってる?」
巫女B 16_B08 「いや、女神の巫女の僕が言うのもなんだけど、女神って割と無能だよね。加護も導きも全く無いよね」
巫女A 17_A09 「待って、そこまで言えとは言ってない。同意はするけど」
巫女B 18_B09 「そもそも魔王を倒すために呼んだはずの勇者がバタバタ死にすぎだよ」
巫女A 19_A10 「召喚された初日に死ぬとかないわよね」
巫女B 20_B10 「この調子じゃ、僕らも勇者に聖剣と力を託せるか怪しいね」
巫女A 21_A11 「この調子じゃ、私達も勇者に祝福を授けられるか怪しいわ」
巫女B 22_B11 「……ねえ、僕、思いついたことがあるんだけど」
巫女A 23_A12 「……あら、奇遇ね。私も思いついたことがあるわ」
巫女B 24_B12 「待っていても勇者が来ないなら」
巫女A 25_A13 「迎えに行けばいいんじゃない?」
巫女B 26_B13 「どうせ僕らが死んだとしても」
巫女A 27_A14 「新たな巫女が指名されるだけ」
巫女A 28_A15 「ならば行きましょう、勇者の元へ」
巫女B 29_B14 「願わくば僕らと勇者の行先に」
巫女A 30_A16 「女神の祝福は無さそうなので」
巫女B 31_B15 「幸運の1つくらいは落ちていますように」
【※下記は省略可能、アレンジも自由】
巫女A 32_A17 「キャスト」
巫女A 33_A18 「女神の巫女A、(※お名前をどうぞ)」
巫女B 34_B16 「女神の巫女B、(※お名前をどうぞ)」
巫女A 35_A19 「台本提供、気ままに綴る」
巫女B 36_B17 「制作、(※サークル名、サイト名、個人名など、ご自由にどうぞ)」

他の台本も読む

利用者様リンク

リンク集

利用報告はこちらから

当サイトの台本・お題の報告は任意ですが、ご連絡いただけた場合はご利用頂いた台本・お題の各ページからリンクを貼らせていただきます。もしよろしければご連絡頂けると嬉しいです。
※リンク切れを発見した場合は、予告なく削除する場合がございます。
※台本・お題ごとのページにリンクを貼りますので、複数ご利用頂いた場合は複数のページからリンクされる形となります。

    *当サイトの台本素材は、「シナリオチェンジャー」様で整形させていただいております。

    掛け合い台本
    mikanをフォローする
    気ままに綴る [お題・声劇台本配布]
    タイトルとURLをコピーしました