【台本】天使のような悪魔と悪魔のような天使 ―親友は恋敵―

台本について

登場人物

悪魔:物腰やわらか。見た目だけなら天使。女性でもオネェでも。

天使:ガラが悪い。見た目だけなら悪魔。男性でも女性でも。

台本

役名番号台詞
悪魔01_de01「あら、天使さん。ごきげんよう。何をなさっているのかしら?」
天使02_en01「げっ、悪魔。おめーには関係ねえよ、シッシッ、あっち行け」
悪魔03_de02「まあそんな邪険になさらないで。あら、人間を見てらしたのですね。まあ、大好きな先輩に告白しようと決意したのもつかの間、親友から同じ人が好きだから応援してほしいと言われたですって?まあまあまあ、青春ですわね、ふふふ」
天使04_en02「だああああ、見るな!あっち行けって!」
悪魔05_de03「ふふっ、では天使さん、今日も勝負といきましょう。お嬢さん、恋に情けは無用です。協力するフリをして、邪魔をすればよろしいのよ。先輩を譲る必要なんてないですわ」
天使06_en03「くっそ、だからお前には会いたくなかったんだよ。おいお嬢!幼稚園からずっと一緒だった親友だろ?“私も先輩が好きだから協力はできない”ってハッキリ言って、フェアに戦うべきだ」
悪魔07_de04「親友だって関係ありませんわ、だって先に好きになったのはこちらですもの」
天使08_en04「恋に順番なんてないって。嘘はよくないし、親友を裏切るなんて間違ってる」
悪魔09_de05「あら、でしたら黙っておいて、先に先輩に告白してしまえばよろしいのでは?それなら嘘をつくこともありませんわ、ちょっとすぐに言わなかっただけで。ふふ」
天使10_en05「ダメだってば!仮に告白が成功したとして、親友がどう思うか考えてみろ。たった1回の恋で、子供の頃からの親友を失ってもいいのか?」
悪魔11_de06「友達なんてまた作ればいいじゃありませんか。他にも仲のいい子はいるんですし。それに、本当に親友なら分かってくれるはずですわ。ね?とりあえず先輩に告白してしまいましょ?」
天使12_en06「これまで親友がくれた優しさを思い出せよ。あんないい親友、失ったら二度と手に…って、あああ行っちまったー!」
悪魔13_de07「今回も私の勝ちのようですわね。ふふ、ごきげんよう、天使さん」
天使14_en07「ちくしょー!!だから悪魔は嫌いなんだ!」
※下記は省略可、台本本体同様にアレンジ自由。
悪魔15_de08「キャスト」
天使16_en08「悪魔のような天使、(※お名前をどうぞ※)」
悪魔17_de09「天使のような悪魔、(※お名前をどうぞ※)」
天使18_en09「台本提供、気ままに綴る」

利用者様リンク

リンク集

募集中